〜キエリ舎〜
■profile
非日常的な”ビジュアルアート”という世界を、日常の中に生きる"陶器”という世界に織り交ぜ、"日常に密着するアート"を主題に2008年、三重県いなべ市に窯立。詩的な風景や自然、動物をモチーフとした陶のオブジェや器、アクセサリーを制作しております。2008年、2009年クラフトフェアーまつもと出展。2013年、伊勢丹新宿店「新宿乙女雑貨店」出展。各地で個展等も多数開催しております。

■「日常にも、食卓にも、”物語”を」
様々な形をした器たちを食卓に並べる事で、テーブルの上に一枚の絵が完成する…、いつもの部屋の風景が映画のワンシーンのように映る…。毎日が物語になる…。そんな"いつも"の空気を変えるような陶の形、質感、存在感を目指しています。器も「オブジェ」としての存在感を持つように作っています。


■「美術と民芸と生活と」
手仕事の良さを生かしたアート作品的な部分と、一般の方にも手にとって頂ける民芸的な良さを両立できるよう、デザイン、作陶、焼成までのすべてを夫婦2人、自らの工房でハンドメイドで制作しています。そして、作る、売るにあたってもいろいろ無駄が出ないよう、環境にも、そして自分達にも優しいライフスタイルを考え、心がけています。 素材選び、制作方法も日々の研究から自分達で考え出した手法です。決して生産効率の高いものではなく、個々の均一性もまちまちなのですが、この作り方だから出せる繊細さと個性が手に取って下さった方へのオンリーワンになる事と思います。また、陶=器ではなく、ブローチ等のアクセサリーや人形等のオブジェなどにも力を入れております。

追記2015:キエリ舎の陶器をご希望頂ける数も多くなり夫婦2人の体制では対応しきれなくなり、2014年より発送スタッフ、2015年より小物の制作スタッフを起用しております。仕上げや最終処理は牧野利栄が引続き担当しておりますのでご承知頂けたら幸いです。

牧野綾太・牧野利栄

〒511-0264
三重県いなべ市大安町石榑東2248-6
電話・FAX0594-78-3284

※大変申し訳ありませんが、この住所は制作している工房の所在地ですので、
作品の販売、工房の見学などはしておりません。
ご購入をご希望の場合は取扱店様や展示販売のイベント、
こちらのwebshopでご購入下さいませ。
mailはこちら

キエリ舎のtwitterあります。